幼児から大人まで!想像力を育むレゴ

レゴは子ども達の人気のおもちゃですよね。レゴは年齢に合わせてピースの大きさが変化しているのです。レゴを一種類のピースの大きさだと思っている人も少なくないと思います。小さなピースを上手に組み立てていって立体的な精巧な建物を作っていくイメージがとても強いせいだと思います。レゴの醍醐味はそこにあると思いますが、実は他にもよういしてあるのです。ピースの大きさを年齢に応じさせたレゴのブロックもあるのです。対象年齢も1歳半からのブロックがあります。対象年齢が3歳、5歳とあがるとブロックも大きくなっていくようです。レゴのブロックに赤いバケツ、青いバケツと書かれていますが、初心者は赤いバケツで中級者は青いバケツを使って遊んでほしいという印だそうです。想像力を形にするものはたくさんあります。絵画や物作りがその基本だと思います。レゴもその一つだとおもえるほど、一つのブロックは単純な形をしているのです。長い間レゴが愛されてロングセラーなのは、子ども達の想像力を豊かにして、表現できる遊びだからだと思いました。絵を描くのと同じような感覚なんですね。おもちゃだといつかは飽きてしまう物ですが、レゴのブロックはずっと、使い続ける事ができるのが魅力の一つですよね。レゴ社は70年以上の実績があり、そのクオリティーの高さもみんなが知っての通りですよね。ピースを一つずつ組み合わせていって大きなものを作るのはまさに物づくりの原点でもあると思います。

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*