本当に必要な化粧品を考える

女性の美容と生活に欠かせない化粧ですが、高価な商品も多く継続して使い続けるにはかなりの出費になります。そうは言っても使わないわけにもいかないので難しい問題です。安くて高品質の化粧品が買えれば一番良いのですが、肌や体質にあった商品・効果が高そうな商品を選ぶとなると、価格だけでは決められないのが現状です。多い人では月々の化粧品代に5万円以上という方もいます。驚きの金額ですが、全くメイクをしない限りゼロという人はいませんし、女性の場合はフォーマルやきちんとした場所ではメイクは身だしなみとして必要ですから、最小限は常備しておかなければなりません。余談になりますがメイクをするという事はメイクを洗い流す為のクレンジング剤も必要になります。肌の為には化粧品よりもクレンジング剤にこだわる方もいます。昨今では落ちにくいマスカラが大ブームになり、マスカラ専用リムーバー(クレンジング剤)も発売されています。

メイクは肌に残さないのはスキンケアの基本中の基本ですから、クレンジングおよびスキンケア、広い意味ではシャンプー等、肌に直接つける物は化粧品と言えるでしょう。それでは本当に必要な化粧品だけを無駄なく使うには、どうしたら良いのでしょうか。大前提として理解頂きたい事がまず2つあります。1つは価格よりも肌のコンディションを優先すること。いくら安いからと言って無理して使い続け、トラブルをおこして皮膚科にかかったり、将来のダメージに繋がったりと長い目で見ると無駄になります。2つ目は出来るだけ安いお店で購入すること。インターネットでコスメのアウトレットセールを利用するのも賢い方法です。これらを踏まえた上で、本当に必要な化粧品だけを買う方法を考えてみます。まず欲しい化粧品があったら、カウンターで試してもらいましょう。美容部員さんがいるお店がベストです。何故かと言うと、試した直後は綺麗に感じたのに、時間が経つとヨレたり、皮脂が多く分泌されて困ったという経験が誰でもあるからです。また、お店のライティングは明るく発色良く見えるようになっていますから注意が必要です。試すと断りづらいからと気にする必要は全くありません。

次にアイカラーを選ぶポイントですが、単色をお勧めします。数種類の色がセットになったアイカラーはケースも美しく便利なようですが、実際には使う色が限られてくる場合が殆どです。例えば3色セットなのに1色だけが無くなってしまうのはよくある事ですし、残った2色は無駄になります。口紅も同様です。口紅の場合は下地にリップクリームを使えば発色が変える事も出来ますので、使わない口紅でも工夫次第で使いきれます。このようにちょっとしたコツ次第で無駄を減らし、化粧ポーチの中もすっきりしてきます。似合う色や好みは変化しますので、半年~1年毎には整理・見直しする習慣を付けて無駄なくメイクを楽しみたいものです。

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*